新婚夫婦に最適な賃貸物件の間取りは?

今後を見据えてLDKでも十分

結婚してこれから新生活を始めようとするときに新居で賃貸物件を選択する人は多くいます。では、新婚夫婦の場合、どれぐらいの間取りが適切になってくるのでしょうか。一般的に人気の間取りとなっているのが1LDKです。1つの部屋とリビングダイニング、キッチンが付いている物件で、大きなリビングに寝室が1つと考えればよいです。二人暮らしであれば、そこまで広い部屋は必要なく、寝室というプライベートな空間とリビングという共有空間があれば十分です。1LDKは人気の間取りであるため、部屋の数が多く、自分たち夫婦が希望する居住エリアで物件が探しやすい特徴もあります。物件数が多ければ価格も下がりやすいので、将来に向けての貯蓄もしやすくなります。

1LDKでデメリットを感じるのであれば2LDK

1LDKは人気の物件ですがデメリットもあります。1つ目は全ての部屋を夫婦で共有することになるので、一人で閉じこもるようなことが難しくなります。最近ではリモートワークをする人も増えていますが、これをリビングでやらなければいけない状態になります。仕事部屋として1部屋確保したいような場合には、2LDKがオススメになります。もう1つ、拡張がしにくいということです。新婚夫婦二人で生活を始めたときはよいのですが、子どもが一人できると、子供のための部屋がなくなります。生活をしていけば荷物が増えていきますが、その荷物の置き場もない状態になりやすいです。賃貸物件に長く住み、将来的により自由に部屋を使いたいと考えているのであれば1LDKでは狭さを感じます。